クマ治療で明るい目元に

クマのせいで疲れてみえる

クマ治療 / 目の下のくま治療

クマのせいで疲れてみえる美容クリニックでカウンセリングを受けるクマが解消し、メイクが楽しくなりました!

私が目の下のクマに悩まされるようになったのは30代半ば頃からで、年齢が進むにつれてどんどん症状は悪化していきました。
クマがあることで生じる問題としては、下瞼の涙袋と一体化して腫れぼったい目元になりひきつっているような表情に見えてしまう、目の下の肝斑や老人性色素斑や雀斑と相まって黒ずんでしまい顔色が悪く見える、目の周りにはちりめんじわや乾燥小じわもあるのでとにかく老け顔に見えてしまう、ベースメイクで隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまい透明感や抜け感やツヤ感が失われる、疲れているような冴えない顔になってしまい周りの人から心配されるなどがあります。
血行不良や寝不足や加齢や表情筋の衰えなどクマが生じてしまう原因には様々なものがありますが、私の場合は加齢と表情筋の衰えが原因だろうなと自覚しています。
クマを解消させるために自分なりに行ってみた対策としては、クリームやオイルを馴染ませてリンパマッサージを行い血流を促進させる、コラーゲンやプラセンタなどの美容成分が配合されたエイジングケアサプリメントを飲んでインナーケアをする、価格帯が高めなエイジングケアコスメブランドのアイクリームを使用する、電気刺激で筋肉運動を促すEMS美顔器でトリートメントして表情筋にアプローチする、コラーゲン生成を促すラジオ波美顔器でリフトアップさせてハリ感や弾力をアップさせる、リキッドタイプのコンシーラーを目元に薄く均一に馴染ませて黒ずみを消す、パールや細かいラメが入ったベースメイクアイテムを使って光を味方につける、オイル配合のリキッドファンデーションやグロウスティックを駆使してツヤを出しカモフラージュするなどがあります。
どの対策方法もそれなりに効果を実感することが出来ますが、やらないよりはやった方が良いという程度の実感力で劇的な変化には至りません。